4/15,16

4/16
言い訳して逃げていたことにまず着手。だから当然調子は悪い。終われば調子は良くなるはずなのだからやること、やること、やること。夜の会話、流れがあって必然的にここまできたこと。眠いのにチーズ。落ち着かない。エビオス食べすぎる。便出なくて膨満感。



手遅れの過去、原題Too late。見事なロングショット‥‥と言うところだけれどなんとなく既視感があったせいか何か満足できなかった、ジョンに女がいすぎたせいかな?ただのジェラシーなのかもしれない。あと仕方ないだろうけれど翻訳が雑。



4/15
Kと約1ヶ月ぶりに。結婚式の写真、引き出物、エクストリームスキヤキ、洗足池。生者のマーチ。許しが。わたしにはできない、できないことを、してくれるK。帰ってきてすぐに眠り。



「ミュート」アレクサンダー・スカルスガルド素晴らしい。小市民的なポール・ラッドも胡散臭いジャスティン・セローも。金髪のジャスティンはいるだけで怪しげなところがたまらない。アレクサンダーの寡黙さと実直さにはお父さんを重ねてしまう。